サンピット コーティング
コーティング・洗車メニュー表
ピュアキーパー
ポリマーコーティングの基本形です
  ピュアキーパーピュアキーパーは愛車が絶対汚れない「魔法のバリア」ではありません。しかし、汚れが着いてもコーティング膜内に浸透せず、簡単に落ちるのが特性です。
だから、繰り返しの施工で塗装を直接擦ることなく、コーティング膜の強化を進めて
(キズを埋め)塗装がどんどん良くなる「塗装面改善の方向性(特許取得済)」を持ちます。本当に愛車のことを考え抜いたコーティングシステムです。
繰り返すことで強くなる被膜
  キーパー被膜は塗装の身代わりとなって汚れを被膜表面に受け止め、酸性雨や摩擦などによる「荒れ」の要因を受け止める「犠牲被膜」の性質を持っています。
ですから使用状況によって、2~3ヶ月程度でピュアキーパーを繰り返し塗装を守りつつ美観をUPさせます。3ヶ月ごとの施工は面倒ですが、ピュアキーパーは洗車からコーティングまでの作業を40~60分で施工する「店舗でお待ちいただけるコーティング」ですので、ご負担は最小限で済みます。

ポリマーコーティングの独特の艶は、ボディを美しく発色させ塗装本来の色を引き出します。
 
繰り返しの施工で「塗装面改善の方向性」を実現
  ピュアキーパーピュアキーパーとは、「塗装のためになるコーティング」をコンセプトに、ワックスの時代の発想を180゜転換した新しい考え方【分子量200,000以上の高分子共重合体(コ・ポリマー)】から出来ています。コ・ポリマーは分子同士が、油性汚染物質をコーティング膜内に浸透させにくい立体的な網目状の被膜を形成します。
この被膜が、ピュアキーパーの施工を繰り返すことで(キズを埋め)、タフで美しいボディを作り上げるのです。約3ヶ月ごとに新車に戻っていくような感動を味わえます。
また、約6週間に一度の高い密度の繰り返し施工で、独特の【異質の艶】を実現することが出来ます。
初回施工
初めての施工で塗装表面に、ある程度の被膜が形成される。
3ヶ月後
排気ガスによる油成分の汚れや埃による汚れが付着して被膜表面が劣化している。
2回目の繰り返し施工直後
繰り返し施工により表面の劣化した被膜を削り落とし、新たな被膜を重ねることにより強度が増す。
定期的に施工を行った被膜
繰り返し施工を行うことにより厚く強靭な被膜となり、塗装に悪影響を及ぼす物質を遮断することができる。(6週間ごとが最適)
初回施工 3か月後 繰り返し施工直後 定期的に施工を行った被膜
クリスタルキーパー
キレイで目立ってステキになる
  ガラス特有の透明感あるツヤで、他のクルマと差がつきます!「水シミ」の防止にもなるから、一石二鳥!
汚れが落ちやすくラクになる
  汚れても水洗いすればサッと汚れが落ちやすく、洗車時間が短くなります!
水はじきが良くキレイが続く
  コーティングすれば、水はじきがよくなり、雨が降っても汚れにくくなります。キレイが続いて洗車回数もグッと減ります。
クルマの価値を守る
  紫外線などから塗装を守るので、クルマの価値を守ります。
 
1年に1度の施工で、ガラス被膜で確実に保護
  クリスタルキーパーの被膜は塗装の身代わりとなって、外部の攻撃を受け止め塗装を守ります。だから1年に1度、その表面の被膜を入れ替える必要があります。そうすることでいつもフレッシュな被膜がツヤを強調しながら、塗装を強力に守り続けることができます。これが、年に1回クリスタルキーパー施工をおすすめする理由です。
クリスタルキーパーは1年に1度の楽しみになります
  クリスタルキーパーは1年耐久のコーティングというよりも、1年に1度施工することによって、ツヤと水はじきなどの効果を続けて維持するだけでなく、回を重ねるほど塗装そのものの平滑が促進され、改善されていく効果があります。クリスタルキーパーは、ユーザーの皆様に1年に1回の施工を、楽しみにしていただけるコーティングなのです。
1年に1度、繰り返すことで塗装が守られるだけでなく、むしろツヤが良くなってきます。
  クリスタルキーパーの2回目以降のリフレッシュ施工では、まず1年間で傷んだレジン被膜とガラス被膜の一部を、キーパー専用の特殊かつ独特なクリーナーで洗い流します(特許登録済)。すると、塗装のミクロの凸凹に根を下ろした部分を含むガラス被膜の一部を残して、キレイに取り去られます。その上に、初回のクリスタルキーパーと同じようにガラス被膜とレジン被膜を順番に、丹念に作ります。つまり2回目以降のクリスタルキーパーでは、塗装のミクロの凸凹に根を下ろしている部分と一定のガラス被膜が、塗装の上に残った状態で再施工されることになります。すると初回の施工時よりも非常にスムーズにコーティングができます。クリスタルキーパーは初回の施工でも良いツヤを出しますが、2回目以降の施工ではさらに塗装の平滑化が進み、初回の施工以上のより良いツヤを出します。1年に1度の施工で、どんどんツヤが良くなっていくわけです。これをキーパーコーティングの「塗装面改善の方向性理論」(特許登録済) といいます。
クリスタルキーパー施工1年後 2回目の施工 2回目の施工後
クリスタルキーパー クリスタルキーパー クリスタルキーパー